『探偵はBARにいる』



『探偵はBARにいる』



大泉洋が演じる探偵。こういうバカなハードボイルドなヤツは好きだなぁ。冴羽獠っていう感じもないわけじゃないけど、なんていうか、どっちかってとチンピラに近い感じだけど良い感じだね。助手役の松田龍平とのコンビが、以外にハマッたのと、高嶋政伸のキモさがなんともいい感じの映画でした。ただ、高嶋政伸役のヤクザ(加藤だっけ?)が、ちょーっとガムをくちゃくちゃ音がイヤだったな(^^;;



では、あらすじを。

札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵(大泉洋)は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田(松田龍平)と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から電話が……。職業柄、危険の匂いには敏感なはずが、簡単な依頼だと思い引き受け、翌日実行。だがその直後に拉致され、雪に埋められ、半殺しの目に遭ってしまう。怒りが収まらぬ探偵の元に、再び“コンドウキョウコ”から電話が入る。その依頼を渋々こなし、自力での報復に動き出した探偵と高田は、知らず知らずのうちに事態の核心に触れていく。その過程で浮かび上がる沙織(小雪)という謎の美女と大物実業家・霧島(西田敏行)の存在。そして、探偵は4つの殺人事件にぶつかる……。果たして“コンドウキョウコ”は何を目論んでいるのか。事件と事件のつながりは何なのか……。



一応、ネタバレ注意です。

あ、その前に吉高由里子ってクレジットに名前が出てるけど写真以外に出番ってあったっけ? ん?? 見逃した?



さて、

ストーリー的には予想されるどんでん返しで驚くことなく、でも、地味にしんみりと終わっちゃうわけなんですが、そもそも、最初からツッコミどころが満載でしたよね。BARにかかってきた電話口で謎の女が名乗った名前が”コンドウキョウコ”、そのあと沙織と出会うわけなんですが‥‥ もうそこでわかるでしょ(笑)

あと、田口晃のオヤジらが殺され、その現場に来た探偵は感情の高ぶりを抑えきれず、家の中の家具などに八つ当たりするんだけど‥‥ 指紋大丈夫? このあと探偵と助手はずらかるんだけど、指紋大丈夫?(笑)



まぁ、他にもたくさんあるんだけど、基本的には面白かったです。早くも続編が決定したようですし、このままシリーズ化して欲しいなぁと思います。で、できればドラマ化っていうのもありかな?(^^;;;





RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

『探偵はBARにいる』” へのコメントが 6 点あります

  1. ピンバック: Akira's VOICE

  2. ピンバック: たいむのひとりごと

  3. ピンバック: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>

  4. ピンバック: 映画的・絵画的・音楽的

  5. ピンバック: 単館系

  6. ピンバック: 気ままな映画生活

コメントを残す