【訃報】栗本薫、死去

100巻を超す小説『 グイン・サーガ 』シリーズの作者でもある 栗本薫 が亡くなったそうです。癌であることは承知していたけれど、栗本薫 のホームページをチェックする限りは年内は大丈夫そうな気が勝手にしていたんだけど、突然の訃報に驚いています。

産経ニュース

作家、栗本薫さんが死去
2009.5.27 11:12

 ミステリーや時代小説などで知られた作家の栗本薫(くりもと・かおる)さんが死去したことが27日わかった。56歳。評論家として中島梓(なかじま・あずさ)の名前でも活躍した。

 平成19年に膵臓がんがわかり、闘病していた。

 昭和53年、「ぼくらの時代」で江戸川乱歩賞受賞。54年に発表した「グイン・サーガ」が100巻を超すロングセラーになった。

結局、100巻で完結するはずだったグイン・サーガは、話も半ばで未完となってしまった。現在のところ126巻までは出ているけれど、おそらく書きためてある分が2〜3巻分はあると思われるので、128巻、129巻あたりでの未完となると思われるが‥‥

最終巻『 豹頭の花嫁 』。これを読むたに読み続けてきた僕としては残念でしかたありません。故人となってしまっては物語を完結させることはできないと思いますが、ご主人の今岡氏なら創作ノートから、今後のあらすじ、もしくはグイン・サーガにとって最大の謎だった豹頭の花嫁とはいったい誰だったのかくらいは教えてもらえないだろうか‥‥ そう切実に願います。

最後に、心からご冥福をお祈り申し上げます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください