極小モバイルPC、mBook

NeoLAB が韓国 UMID 社製 mBook を 3月末 に日本で発売を開始するそうです。‥‥って、mBook ってなんだろって思ったら、幅 15cm 、奥行き 9.4cm、高さ 1.87cm って、極小サイズの UMPC でした。

mBook
mBook


こんなサイズなのに、OS は Windows XP が載っています。記憶容量は 4GB モデルから 32GB モデルまでラインナップされてるんだとか。液晶は 4.8型 で、無線LAN も使えて、バッテリーは 約7時間 持つそうです。しかも、重さは 317g っていうんだから、VAIO type P よりも楽々ポケットに入りそうです。

ガシガシと文章を打つ端末にはなれなさそうだから、僕は要らないかなぁ。でも、なんか楽しそうな雰囲気あるなぁ。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

極小モバイルPC、mBook” へのコメントが 2 点あります

  1. ■ミニ・ノートパソコンにも異種が参入!!―昔だったら日本がやっていたかも?
    こんにちは。今月末には、韓国からUMPCが日本に入ってきますね。何と重さが、317gだそうです。本当に軽いですね。また、インドでは10ドル UMPCが開発されているという話もありまたが、これはデマでした。いずれにせよ、こうした新しいパソコンが開発されたり、WiMAXが東京の一部でサービース開始など、ミニ・ノート・パソコン(ネット・ブック)に関する話題がめじろおしです。こうした開発、ただの開発で終わらずに、内需拡大などと強み結びついて欲しいと思います。詳細に関しましては、是非私のブログをご覧になってくだい。

  2. そうですね、昔なら日本の企業がやっていたことですね。
    残念ながら日本の企業は、過去に失敗していた経験がある所為か、
    そういったモバイルに慎重になっているのかもしれないですね。

コメントを残す