BDAがBlu-ray 3Dを発表!

BDA ( Blu-ray Disc Association ) は、Blu-ray Disc で 3D映像 の再生/表示を実現するための規格 Blu-ray 3D を発表。それを受けたメーカーは来年の商品化を目指し、開発を推し進めることになりそうです。

Blu-ray 3D は、ハードウェアとソフトウェアの双方の規格を固めたもの。右目用、左目用の 1080p の HD映像 をそれぞれ収録しておける MPEG-4 AVC / H.264 の拡張フォーマットである Multiview Video Coding ( MVC ) を用意し、MVC フォーマットを再生できるプレーヤーを、それぞれ規格したものです。

Blu-ray 3D 対応のプレーヤーは、従来の 2D 映像も問題なく再生ができるし、非対応のプレーヤーでも、Blu-ray 3D 対応のソフトは 2D 映像として楽しむことができるようになっています。ちなみに SCE の PlayStation 3 ( PS3 ) はアップデートで Blu-ray 3D に対応するそうです。

***

Blu-ray 3D で、3D 映像を楽しむっていうのは面白いかもしれないけど、日本の場合、そこまで市場が高まっているとは思えない。アメリカなんかでは 3D ってそれなりにニーズがあることは理解しているんだけど、日本の場合はどうなのかな? まぁ、いずれは 3D なんだろうけど‥‥

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す