Safari、シェア第4位に転落

Net Applications のブラウザのシェア調査で、Apple のブラウザ Safari のシェアよりも Google の Google Chrome が上回ったそうで、Safari は業界3位から転落ということになったようです。

正直、Windows 版の Safari だけじゃなく、Mac OS X 版もあわせて、ここのところ進化の少ない、そして拡張性が薄い Safari が、Chrome を再び抜いて3位に返り咲くのは難しいかもしれないですね。

『Chrome』のシェアが『Safari』をわずかに上回る

Web トラフィック追跡会社 Net Applications のブラウザシェア調査で、Google の『Chrome』が Apple の『Safari』よりも多く利用されていることが分かった。

Net Applications がまとめた2009年12月のデータによると、Chrome は Safari に対して徐々にリードを広げているという。Chrome のシェアは4.63%で、Safari のシェアは4.46%だ。



ボク個人的には Safari があっているんで使っているけれど、Win 版はさすがに Safari はちょっといただけないので Chrome を使っています。正直、こののち、Mac 版の Chrome がブックマークの同期機能が実装されたら Mac でも Chrome を使うかもしれません。

Apple には Safari を登場させた時の、あの勢いをもう1度復活させて欲しいですね。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す