WikiPedia収録の電子辞書 WikiReader

BLUEDOT が 7月21日 に Wikipedia を閲覧することのできるポータブル電子辞書「 WikiReader 」を発売するそうです。実売価格は13000円ほどということで、Wikipedia 財団の協力で Openmoko が開発した商品の日本語版ということだそうです。



WikiReader は、日本語版、英語版、中国語版の合計約400万語の見出し語を収録してあり、液晶にタッチして検索することができるようです。過去に検索したコンテンツを読み返すヒストリーや、関連する言葉にジャンプできるハイパーリンクなど多数の機能も付いています。

通常、Wikipedia はネットワーク上のコンテンツですが、この WikiReader では、年に4回ほど最新の Wikipedia コンテンツを反映したアップデートを行う予定でだそうです。アップデートには microSD が必要になるそうですが、ちょっとこのあたりはスマートじゃないですね。とはいえ、ネットに繋がっていない環境でも WikiPedia を検索できるのは便利だろうなぁ。

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す