McAfeeのURL短縮サービスがアップデート!

米 McAfee ( マカフィー ) は、URL短縮サービス 「 mcaf.ee 」をアップデートし、短縮した URL を生成したページに、Twitter と Facebook 用のボタンを配置して、ツイートするときなどに URL を安全に共有させることができます。利用料は無料となっています。

また、生成した URL でアクセスをした場合に McAfee が安全サイトであるかどうかの判断をしてくれます。緑が安全、黄色が疑わしく、赤は危険というようにユーザに分かりやすく 3色 で知らせてくれます。


いろんな URL短縮サービス があるなかで McAfee のものとなると利用したくなるんだけど、Twitter クライアントなどに装備されているならともかく、わざわざ Webサイト まで行って生成しなくてはならないのは面倒。つか、イヤです(笑) ここのとこなんとかならないですかね?

RUMBLE について

大阪在住。MacとiPadとiPhoneと音楽と写真とワンピースと文具とカレーとラーメンとモンハンが好きなひと。写真を撮ったり絵を描いたりクリエイティブなことが好きだけど作品はビミョー(笑)

コメントを残す