『アルスラーン戦記』がコミカライズされるそうです

田中芳樹の完結する気があるのかないのかわかんないシリーズのひとつ『アルスラーン戦記』がコミカライズされるそうです。

別冊少年マガジン8月号( 2013年7月9日 発売予定 )で連載されるそうです。まぁ、原作の方は第1部は完結し、第2部がずっと未完のままほったらかされているので、コミカライズは第1部だけも十分かも(笑)

そして気になる作画は 荒川弘 なんだそうです。

すでに今月の別冊少年マガジンには、荒川弘が描いたアルスラーンがポスターとして付いているそうです。ダリューン、ナルサス、ファランギースにキシュワードといった十六翼将がどのように描かれるのか楽しみだなぁ。

とりあえずボクはコミック化まで待ちますが‥‥ (たぶんそれも Kindle か kobo で買うと思います )

アルスラーン

『旅ボン ハワイ編』ボンボヤージュ

旅ボン ハワイ編
ボンボヤージュ
4391142120


旅ボンの新作『 旅ボン ハワイ編 』が発売になっていたので買いました。って、あれ? よく考えたら最近ブログで本を紹介してないな。ん〜、まぁ、いいか。紹介っつーほど内容を紹介してないし(笑) 買ったぞーくらいだしな(笑)

‥‥って、それはさておき、ボンボヤージュさんの新作なのです。

ボンボヤージュさんと、そのおツレさん(笑)の旅の珍道中を漫画にしたシリーズなんですけど、ついに定番ハワイが今回の旅先なんです。ハワイにはボクも行ったことあるんだけど、まったくカネがない貧乏旅行だったので、オアフ島でワイキキだのでぶらぶら、シーライフパークでぶらぶら、アラモアナでぶらぶら、まぁ、それくらいだったのだ(笑)

そんなボクのハワイ旅行と違って、1日目から楽しんでる楽しんでる(笑) 取材と言うなの羨ましい旅行を楽しんでるよ(笑) ‥‥って、それを漫画にしなきゃなんないから、あとが大変だろうけど(笑)

毎回思うんだけど、ボンボヤージュさんの描くイラストはどれもステキなんだけどさ、とくに食べ物がおいしそーに描かれてて、食べたくなるじゃねぇか、コノヤローって感じなのです(笑) はぁ、ハワイで、薄味のロコモコ食べに行きたいわ^^;

というわけでオススメです。

『ONE PIECE総集編 THE 20TH LOG ”ACE”』

ONE PIECE 総集編 THE 20TH LOG (ONE PIECE 総集編)
尾田 栄一郎
4081110557

漫画ワンピースの総集編『 ONE PIECE総集編 THE 20TH LOG ”ACE” 』です。

頂上決戦のクライマックス、エース、白ひげといった男たちの壮絶な死に、ルフィ、ジンベイに迫りくする赤犬に、読んでて緊迫しまくりです。終結はシャンクスの登場で、突然訪れますが最大にシビレるところでした。

そしてルフィに襲いかかるエースを失ったことによる大きな大きな喪失感。そんなルフィを助けたのは‥‥

さてさて、次号 21the LOG はいまのところ販売日が未定です。次からは新世界編となりますから、発売は相当先ですね(^^;; ドドン!!!

『ONE PIECE総集編 19TH LOG ”MARINEFORD”』

ONE PIECE 総集編 THE 19TH LOG (ONE PIECE 総集編)
尾田 栄一郎
4081110549

漫画ワンピースの総集編『 ONE PIECE総集編 THE 19TH LOG ”MARINEFORD” 』です。ついにマリンフォードでの頂上決戦です。グラグラの実の白ひげの暴れっぷり、そしてオヤジっぷりに泣けてきます。

全編戦争!っていうワンピース史上最大の見せ場がこのマリンフォード編なワケですが、1ページたりとも見逃せないものとなってます。そして、ルフィのポテンシャル”覇王色の覇気”を世界に見せしめた巻でもあります。この巻の面白さは半端ないですね。

さて、ログの次号 20th LOG “ACE” は 12月14日 です!!! ドーン!!!!

『ONE PIECE (68)』尾田栄一郎

ONE PIECE 68 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
4088705319

ワンピースの最新刊。68巻でございます。正直、キャラがごちゃついていて読むのが大変なワケなので、ちょいと気合入れて読んでくださいましね。で、しかもトラファルガー・ローの活躍を期待できると思ったら‥‥

すぐに負け(笑)

な〜に〜やっちまったなぁ〜(古ww )って感じで期待した分ガッカリなローさんでした。パンクハザード編は前回も書きましたがちょっと悪ふざけが多いかもしれない。ダレて面白くなくなる前に、ササッとマスターをやっつけちゃってくださいよ。次回以降に期待です!!

でも面白かったけど(笑)

『ONE PIECE総集編 18TH LOG ”IMPEL DOWN”』

ONE PIECE 総集編 THE 18TH LOG (ONE PIECE 総集編)
尾田 栄一郎
4081110530

漫画ワンピースの総集編『 ONE PIECE総集編 THE 18TH LOG ”IMPEL DOWN” 』です。このログシリーズも売れに売れているようで累計1000万部を突破そうです。スゲェ〜〜〜〜〜(笑)

18th LOG は全編インペルダウンで盛り上がるわけなんですが、アラバスタ編の面々が絡んでくるだけに懐かしいやら嬉しいやらですね。なんだかんだとクロコダイルは渋いヤツなんですな。でも、それ以上にカッコイイのはボン・クレーことベンサム。ベンサムってすぐ忘れるのでボン・クレーでいいや(笑) 幾度と無くルフィを助ける友達(だち)思いは半端ない。

またジンベイやイワンコフといった強力な脇役が初登場もし、ただでさえカオスな感じのインペルダウン編なんだけど、歯止めが効かなくなるのカオスっぷりな状況となってますね(笑)

さて、物語は一気に進み次号 19th LOG は マリンフォードでの頂上決戦です。11月9日 の発売です。

『ONE PIECE総集編 17TH LOG ”SABAODY”』

ONE PIECE 総集編 THE 17TH LOG (ONE PIECE 総集編)
尾田 栄一郎
4081110522



漫画ワンピースの総集編『 ONE PIECE総集編 THE 17TH LOG ”SABAODY” 』です。

スリラーバークをあとにした麦わらの一味はついにレッドラインに到達し、グランドラインの後半の海「新世界」の手前までたどり着く。だが、レッドラインに阻まれ行き方がわからない。そんな時に出会ったケイミーとパッパグに誘われるように、一味はとんでもない事件を起こしてしまうことに‥‥

このログも見せ場が多いですね。個人的には天竜人をぶっ飛ばしてしまうとこなんて、サイコーに好きですね。あと、個性的なキャラもたくさん登場しますが、なんといってもトラファルガー・ローとボア・ハンコックですねぇ( 個人的にw )。

さてさて、次号 18th LOG は 10月12日 です。監獄インペルダウンです。

ONE PIECE the LOG 17〜20th まで4ヶ月連続刊行!

ワンピースの総集編 ONE PIECE The LOG が 9月 から連続で刊行が決定しました。今回は ONE PIECE The LOG の 17th 〜 20th までとなっています。シャボンティ諸島の衝撃の敗北から激動の「頂上戦争」までをイッキに読めます!!

9月14日 THE 17th LOG “SABAODY”
10月12日 THE 18th LOG “IMPEL DOWN”
11月9日 THE 19th LOG “MARINE FORD”
12月14日 THE 20th LOG “ACE”

楽しみすぎる!!

『ONE PIECE (67)』尾田栄一郎

ONE PIECE 67 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
4088704762

ワンピース最新刊の 67巻 です。トラファルガー・ローのファンの皆様、お待たせしました。彼の活躍が見れますよ! でも、たしぎのファンには憎っくきローとなっちゃいましたけどね(^^;;

いまのところパンクハザード編はちょっとゴチャっとしてて、よーっく読まないといけないんだけど、雰囲気としてスリラーバーク編に似てる?感じかな。ギャグが中心の展開でもあるしね。まぁ、ちょっとだれ気味(^^;; いつもそうだけど、1巻1巻を通してパンクハザード編すべて読み終えたときにはすっきりとして楽しかったと思えるからいいんだけどね(笑)

そして巻末には映画『 ONE PIECE FILM Z 』の情報も載ってるよ!

『ONE PIECE (66)』尾田栄一郎

ONE PIECE 66 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
4088704169

ワンピース最新刊の 66巻 でございます。この巻、最大の見せ場は「たしぎ」の相変わらずのボケ‥‥ って、おいおい(笑) ‥‥ではなくて、ビッグ・マム、海王類、ドラゴン、そして、たしぎ!!! (笑)

物語は、ついに新世界と突入しパンクハザード編ということになるんででしょうか、この新しい話は魚人島編が思ったよりも盛り上がらなかったので、テンポよく進んで行って欲しいって感じです。

それはそうと3巻連続で初版が 400万部 となっているそうでスゴイっすなぁ。

『おおきく振りかぶって(18)』ひぐちアサ

おおきく振りかぶって(18) (アフタヌーンKC)
ひぐち アサ
406310785X

すっかり買いそびれてしまっていた『 おおきく振りかぶって 』の 18巻 を読みました。17巻から引き続いて武蔵野高校の榛名や秋丸といった選手を中心に物語は進んでいきます。ちょースローペースな物語の展開は知っているけれども、ホントに進まなくて、早く三橋らの活躍はいつになったら見れるのやら(笑)

榛名っていうスゴイ投手に振り回されてしまってる秋丸と阿部のそれぞれの思いだけでなく、榛名そのものの思いも描かれていて、傍若無人ぶりが目についていた榛名もひとの子だなぁと感じさせてくれる巻になっています。ああ、それにしても栄口くんを出してくれよー(笑)

『ONE PIECE (65)』尾田栄一郎

ONE PIECE 65 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
4088703677

ワンピース最新刊となる 65巻 が発売しておりました。

ウソップのセリフ

「まいった‥‥ おれも衰えたな
 昔はもっとウソをブチかましたもんなのに‥‥
 今やそれができちまう!!!」

ウソップってたまにカッコよくなるよな(笑) あと、チョッパーのセリフにもグッとくる。

「おれ ルフィの役に立つ怪物になりてェ!!」

いやぁ、船長を信じる一味の力は2年も前のあの時より数段もアップしていることが伺えて、これからの冒険が本当に楽しみに感じるよ。

でもね、

基本的に新魚人海賊団っていうのは強くないっていうことがあって、そのなかで戦闘を盛り上げるには外部要因がいるっていうか、なにかと説明的というか、単純に勝った負けたというような勝負ではないため、戦闘中のセリフが多くなって「つまらん」っていう感じを受けたのも事実なんだなぁ(^^;;;

まぁ、ながくやってりゃそういう巻もあるわなぁ(^^;;

4コマ漫画『ボンとヨーソロ』

ちびキャラでお馴染みのボンボヤージュさんが 主婦と生活社 のウェブサイトにて4コマ漫画の連載を開始していました。「ボンとヨーソロ」っていうタイトルで毎週木曜日に更新をするそうです。ボン社のサイトには、遅筆で有名な作者だけに「念のため、すでに3月頭までの分は用意してありますが、」と書いてあるので、とりあえず当面は楽しめそうですwww


『がらくた屋まん太』Jコミで読める件

どうにも思い出せないんだけど、この年始に、なぜか『がらくた屋まん太』が猛烈に読みたくなった。『がらくた屋まん太』というのは能田達規センセイのSFコメディーな漫画なんです。もう20年も前の作品ってことになるんですが、これ、実家にあるんですよね。さすがに実家に取りに帰っては面倒くさいので電子書籍でないもんかいなって思って検索したら、、

Jコミでウェブ掲載されていました(笑)

http://www.j-comi.jp/book/comic/4361


もうひとつ思い出せないのが、この漫画をどうして知ったのかってこと。掲載していた月刊アスキーコミックは買ってなかったしなぁ。ま、経緯はどうであれ、めちゃくちゃハマッた漫画です。よかったら読んでみて下さいね(^^

『ONE PIECE (64)』尾田栄一郎

ONE PIECE 64 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
4088703014


戦いに飢えていたってわけじゃないんですが、麦わら海賊団 vs 新魚人海賊団が始まると、やはりワクワクしてきます。ただ、まあ、ちょっとやり過ぎ感もありますね(笑) フランキーのあの変形はないよ(笑) たぶん、今回1回しか見れないような気がするので、貴重かもしれないけど(笑)

さて、

魚人島編は人気が二分してますね。まぁ、わかります。ちと説教臭い部分もなくはありますし、差別だのなんだのって、楽しい話ではありませんからね。でも、アーロンの人間へ差別のバックボーンを語る上でも、魚人と人間の関係を語る上でも、つまらない話だったとしても語らないわけにはいかないですもんね。語らなければ、あの伏線はどうなった?とモヤモヤしてしまうでしょうしね。

『おおきく振りかぶって(17)』ひぐちアサ

おおきく振りかぶって(17) (アフタヌーンKC)
ひぐち アサ
4063107760


『 おおきく振りかぶって 』の最新刊! 17巻が出ました。まだまだあの夏は終わってません! って感じです。残念ながら負けてしまった西浦高校は、秋に向けて向かっているわけですが、榛名らの武蔵野高校は準々決勝、準決勝と戦っています。ここにきて榛名のイメージ変わったなぁって感じですけど、榛名は相変わらずぶっきら棒ですね(笑)

で、こうやって西浦がメインの話が続いているわけなんですけど、なにが悲しいって、栄口くんの活躍どころかコマにすら載ってこない(笑) 西浦のメンバーだと、三橋や阿部ですら出番が少ないんだから当然のこと田島や花井も少ない。となると、、、栄口くんは、いた?って感じ。今回は沖のほうがたくさん出てたもんなぁ!!

『ONE PIECE (63)』尾田栄一郎

ONE PIECE 63 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
4088702700

ようやく(?)というか、後半にぐぐぐっと面白くなるのは、ワンピースのお約束なのか、ついに中盤戦の魚人島編が面白くなってきました。しかも、この巻はオトヒメとフィッシャー・タイガーの思いがヒシヒシと伝わってきて、最後の最後で涙なしでは語れなくなりますね。

『ONE PIECE (62)』尾田栄一郎

ONE PIECE 62 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
4088702174


ついに魚人島編です。アーロンさんが登場したのが、もう何年前?ってくらい昔で、そのときくらいから魚人島ってどんなところだと思っていたんだけど、ついにやってきましたね。

で、まぁ、早速トラブルに巻き込まれるわけなんですが‥‥


正直、世間で言われるように「ツマラナイ」ですね。頂上戦争で盛り上がりすぎて、ワクワクの新世界編スタートだったから、これはもうしかたないよねって感じ。あと、やっぱりシリアスの反動なのか、ギャグが入りすぎかも(笑)

とは言っても、次の 63巻 では、ジンベイやアーロンさんたちの過去がわかる話になります。このあたりから確実に盛り上がるのは間違いないです!

『おおきく振りかぶって(16)』ひぐちアサ

おおきく振りかぶって(16) (アフタヌーンKC)
ひぐち アサ
4063107353


16巻が出た! のは嬉しいけど連載のほうはちょっとお休み中らしい(^^;; しかし、それでもあと3冊くらいはコミックにできるほどの余裕があるはずだけどさ‥‥ という感じの『 おおきく振りかぶって 』は、やっぱりこの巻も面白かったです。

っていうか、ほとんど榛名さんなんですけど?(笑)

今回はまさに食!!って感じで、スポーツマンが効率よく体を作るための食事をいかに採るかを知るには、うってつけの1冊になったんじゃないだろうか? 自分がスポーツしてたときって、こんなこと考えてなかったんだけどなぁ。そりゃ強くならないわって思ったよ(笑)

『ONE PIECE総集編 16TH LOG “BROOK”』

ONE PIECE 総集編 THE 16TH LOG
尾田 栄一郎
4081110352


漫画ワンピースの総集編『 ONE PIECE総集編 THE 16TH LOG ”BROOK” 』です。スリラーバーク編の後半です。オーズ VS 麦わらの一味 の熱いバトルや、漢のなかの漢ゾロの覚悟に熱いものを感じ、ブルックとラブーンの過去を知る。ギャグが多かったスリラーバーク編ですが、後半はなんともシリアスです。

さて、次号 17th LOG の発売は不明ですが、いよいよ頂上戦争へとつながっていくシリーズとなります。シャボンティ諸島で麦わらの一味に起きる出来事は!! 期待大の LOG シリーズです。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 22 ひかる宇宙編・後』安彦良和

機動戦士ガンダム THE ORIGIN (22)  ひかる宇宙編・後   (角川コミックス・エース 80-26)
安彦 良和
4047156019



「脚なんて飾りです。エライ人にはそれがわからんのです」

ひかる宇宙編・後はガンダムとジオング、アムロとシャアの戦い。そしてセイラの戦い。オリジンにしかないエピソードとしてセイラと叛乱軍の蜂起が描かれている。この結末は次巻以降となるけれど、もともとア・バオア・クーでの戦いは緊迫したものだったが、より息を飲む展開になっている。

それにしても121ページのジオングの迫り方は迫力がありますね。思わずシビレてしまいました。あと、あのガンダムとジオングの名シーンもあり、ファーストガンダム好きにとってもは、この巻はまさに紫玉でしょう(^^


そして次巻はついにラストなのか?

『ONE PIECE総集編 15TH LOG “THRILLER BARK”』

ONE PIECE 総集編 THE 15TH LOG
尾田 栄一郎
4081110336


漫画ワンピースの総集編『 ONE PIECE総集編 THE 15TH LOG ”THRILLER BARK” 』です。ついにスリラーバーク編も総集編として登場しました。七武海のひとりゲッコー・モリアたちとの少々珍妙な戦いもさることながら、なんていうかギャグの多いログとなっています。

そして、もちろん9人目の仲間ブルックが初登場するログでもあります。


そうそう、エースとティーチとの決闘も見逃せません。このあとに続く、あの頂上戦争の引き金となる戦いです。見逃せませんね!!


次号、16th LOG “BROOK” は 2月25日 発売です。


『ONE PIECE (61)』尾田栄一郎

ONE PIECE 61 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
4088701755


ちりぢりバラバラになった麦わらの一味がついに集結!!

ワンピースは新世界編にこれからはなるわけだけど、どんな冒険が待っているのかワクワクとさせるオープニングだね。

また、それにつながる頂上戦争のあとの仲間の動向もよかった。ミホークに頭をさげるゾロといい、一味全員がルフィのサポートをしたいと思うその気持ちに心が揺れる。とくにロビンのセリフ「誰かの為に強くなりたいなんて考えた事もなかった‥‥!!」ってのはいいね。

そして、若かりしロジャーの姿に驚く!! その姿は!

ONE PIECE the 15th&16th LOGは、2011年2月と3月。

待ってました!!

ONE PIECE the LOG の最新刊となる 15th と 16th が 2011年2月 と 3月 の 2ヶ月連続 で刊行となります。スリラーバーク編となりますかね。めちゃくちゃ楽しみですよね。あと、2ヶ月弱です。LOG シリーズを集めているひとはお忘れなく!!

『鋼の錬金術師 27』荒川弘

鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)
荒川 弘
4757530544


ついに『 鋼の錬金術師 』が最終話を迎えてしまいましたね。これだけしっかりとしたエンディングを迎えることのできる作品ってそうはないと思う。正直、ジーンと感動していますよ。また、この巻はとにかく名台詞が多いです。

「ああ もう十分だ なんも要らねぇや がっはっは じゃあな‥‥ 魂の‥‥友よ」

とくに、グリードのこのセリフが好きだな。


あと、「もうひとつの旅路の果て」も、おまけについていたトリシャとホーエンハイムのやりとりの話も最高にいいね。大団円を迎えてさ、エンディングで新しい旅立ちをするとことで区切りをつけたあとに、これとこれの話が2つ続くとホッとして、なんかまた感動しちゃってさ、たまんないね。

『ONE PIECE (60)』尾田栄一郎

ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
4088701259


仲間がいる゛よ!!!!

傷心のルフィが搾り出した答え。無くしたものは大きくて、絶望しか見えないそんなときに思い出すことのできた、残っているもの。仲間。いいね。60巻はホントにいい巻だな。もちろん、ルフィを想う仲間たちの行動にも胸を打たれる。

ダダンもいつの間にか親心を持ってたしな!

61巻は 2月4日 だそうです。待ち遠しいなぁ。。。

『鋼の錬金術師 26』荒川弘

鋼の錬金術師 26 (ガンガン コミックス)
荒川 弘
4757529295


「貴方、エドワード・エルリックをわかっていない!」

こんな言葉がキンブリーから出るとは思わなかったけど、逆にキンブリーからしか出ない言葉だったかも知れないなぁ。この言葉がとにかく印象的だった26巻は、圧巻ですね。

すでに雑誌やアニメが終了しているので結末はわかっているんですが、それでもまとめて読むと想像以上にのめりこんでいくストーリーですね。ビックリです。


最終巻の27巻は11月の発売。

『ONE PIECE (59)』尾田栄一郎

ONE PIECE 59 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
408870083X


怒涛の展開が続いた ワンピース ですが、ついに世界を揺るがした戦争が集結する 59巻 は、まさに最高の1冊になったかもしれません。ポートガス・D・エースと、”白ひげ”ことエドワード・ニューゲート。ふたりの死に至るシーンは、息をするのさえ忘れるほどでした。

混沌としていく戦争を、終わらせたのはシャンクス率いる赤髪海賊団。そして、コビー。コビーにも特殊能力が目覚め始めているようです。

サボと、エースとルフィの過去の話が語られる後半戦。ついに、ダダンが出てきます。フーシャ村の村長が口にしてから、誰なんだと思っていたんだけど、やはり育ての親だったダダン。そして、山賊だったこともわかった。次巻では、荒々しいダダンが見せるルフィとエースへの親心はなんともいえない魅力的なキャラなのでした。

さてさて、次巻の 60巻は 2010年11月 の発売予定となっています。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 21 ひかる宇宙編・前』安彦良和

機動戦士ガンダム THE ORIGIN (21) ひかる宇宙編・前 (角川コミックス・エース 80-25)
安彦 良和
4047154822


ひかる宇宙編は、最終章となるのかな? ア・バオア・クーの戦いがついに始まります。そして、ララァ、シャア、アムロの悲しいエピソードであり、有名なララァとアムロの邂逅は、ここで語られます。ア・バオア・クーの戦いのなかで語られるとは思わなかったけど、これはこれでアリな感じです。

でも、この中で語られるシャアはちょっとどころかかなり惨め。アムロくんと見下ろしていたはずのアムロに勝てないことを認めなくてはならないなんて‥‥ しかし、これがあることで、ア・バオア・クーの後半のシャアの変化に活きてくるんではないかと思ったりします。


ひかる宇宙編が、あと1冊か2冊か‥‥ これで終わっちゃうのかな?

『おおきく振りかぶって(15)』ひぐちアサ

おおきく振りかぶって(15) (アフタヌーンKC)
ひぐち アサ
4063106705

14巻が出てから日が経っていないのに15巻が出てしまいました(笑) ちょうどアニメがこの間の途中で終わるからってことへのはからいなんでしょうね(^^ ‥‥っていうわけで『 おおきく振りかぶって 』の最新刊です。

美丞大狭山に負けたあとの、このチームの成長ぶりはハンパないね。いや、急にうまくなったとかそういうわけじゃないんです。チームが、ひとつになっていくというところがなんです。もともとバラバラだったわけじゃないけど、意思疎通なんかがまだまだできてなかった。そこへチームがひとつへとなれる目標を持ち、意識が変わっていったことでチームはまたひとつ大きくなっていく。

三橋と阿部と、田島と花井と、それぞれが認め合って、それぞれが成長していく。そういう和の中に、パイプ役として活躍するのが栄口くんだよな。前巻ではエラーなんぞをしちまったけど、やっぱりいいキャラだ(^^

『ONE PIECE (58)』尾田栄一郎

ONE PIECE 58 (ジャンプコミックス)
4088700457


ワンピースの最新刊 58巻 は、えっ!!!! という展開で、心臓がバクバクと鳴り響き、一心不乱に読み続け、そして、まさかの展開に呆ける。

もともと 57巻 が衝撃的な”白ひげ”が刺されるっていうシーンで終わり、そのあとを継ぐ展開として、怒涛のシーンが矢継ぎ早にあちこちで行われていき、57巻 の騒ぎどころじゃないくらいの激震で次巻へと続くわけです。

気になる 59巻 は、2010年8月4日発売予定です。なんと2ヶ月後!!

この 58巻 の SBS で語られている真実に、イワさんことイワンコフのモデルとなったのが「いまむらのりお」さんで、この「いまむらのりお」さんは、アニメのイワンコフの声優として活躍してるっていうこぼれ話が!!! ヒーハー! そうだったのなぶるね(^^;;;

『おおきく振りかぶって(14)』ひぐちアサ

おおきく振りかぶって(14) (アフタヌーンKC)
4063106667


中心(みはし)が大丈夫なら 周り(オレたち)はあきらめねェ!


周りをそんな心強い気持ちにさせてくれたのは、あの三橋の「ワンナウトー!」っていう三橋の成長の証の掛け声だった。オレがエースなんだっていう自信が徐々につきはじめ、そしてそれは周りを見れるようになり、客観的に自分をも観察できるようになってきた。いい仲間に巡り合えたことでの三橋の進化なんだろうな。

しかし、試合は負けちゃったね(^^;;;

美丞大狭山戦は、このチームにとってとても意味のある負けだったと思うし、このあとの練習や試合で、それは活きてくるに違いない。それはこの巻以降の話になってくるんだろうな。続きが読みたくて仕方ないよ。

あと、この巻はボクのイチオシの玄人職人の栄口くんが痛恨のエラーしたり、バットでも活躍できなかったりと散々だった。栄口くんでもそういうときはあるもんだ。次巻での活躍を期待して、次はいつになるやらの15巻を待ちたいと思います。

『鋼の錬金術師 25』荒川弘

鋼の錬金術師 25 (ガンガンコミックス)
475752840X


ラース対スカーも良かったんだけど、やはり今巻の目玉はアルフォンスの魂と肉体の邂逅ですね。せっかく巡り合えたというのに、アルフォンスが下した決断は気高い選択。しかし、それは肉体が語るように、この世が絶望に絶望に満ちてしまうかもしれない‥‥

それにしても、32ページのグリードのシルエットがカッコ良すぎるな。


『鋼の錬金術師』の26巻は8月の発売予定だそうです。楽しみだな。

『ONE PIECE (57)』尾田栄一郎

ONE PIECE 巻57 (ジャンプコミックス)
4088700104

初版から300万部だそうです!

ワンピースの最新刊の 57巻 が発売になりました。ついに白ひげ海賊団と海軍との全面戦争です。圧巻としかいいようがない内容です。しかも、最後の最後で、圧倒的に次巻が気になるところで終わります。たまんないです(^^;;;

それにしても、いろんな見せ場があるなかでもボクはドフラミンゴが乱戦中に語る「勝者だけが正義だ!」というセリフが頭から離れません。そのセリフ前後の語りは、まさに正論。正義だの、悪だのってひとの価値観や見方によって変わるというのはその通りなんだよね。

気になる 58巻 は、2010年6月4日発売予定です。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 20 ソロモン編・後』安彦良和

機動戦士ガンダム THE ORIGIN (20) ソロモン編・後 (角川コミックス・エース 80-23)
4047152854


しかしなんていうタイミングなんだろう。

この巻でドズル・ザビはソロモンと共に果てる‥‥ そしてアニメ版『 機動戦士ガンダム 』でドズルの声優をされていた郷里さんが亡くなった。これに意味があるわけじゃないんだけど、因果は感じるね。

それにしても安彦良和の描くドズルは漢だな。

あと、スレッガーの「悲しいけど、これ戦争なのよね」の名台詞にニヤリとするとことではあるんですが、スレッガーの最後だけに悲しくもある台詞です。


ソロモン陥落後のドロドロとしたジオンの政治劇やレビルもニュータイプに目覚めたかのような伏線‥‥ ORIGIN ならではの新解釈が21巻以降も面白そうです。

次は新章となる「ひかる宇宙編」だそうです。

『ONE PIECE FILM STRONG WORLD EIICHIRO ODA ART BOOK』尾田栄一郎

ONE PIECE FILM STRONG WORLD EIICHIRO ODA ART BOOK―愛蔵版コミックス


ワンピースの映画『 ONE PIECE Film STRONG WORLD 』の設定画集です。1000円しますけど、買って損のない内容というかワンピースのファンは必須アイテムです(^^

週刊ジャンプの3週連続の表紙を飾ったイラストがドドーンとこの設定画集の表紙になっていて、ジャンプの場合は3冊並べないと見れなかったけど、設定画集はつながった1枚の絵になっていて表紙から見応えがある。

あとスペシャルインタビューは必読ですね。0巻でも尾田栄一郎が語っていた「これが17歳のルフィの最後の冒険」がこちらでも語られています。これ以上の情報はまだありませんが、今後が気になるキーワードですよね。

うー、タマランです。

『おおきく振りかぶって(13)』ひぐちアサ

おおきく振りかぶって Vol.13 (アフタヌーンKC)
4063106055


半年ぶりの新刊となった『 おおきく振りかぶって 』の 13巻 は、とにかく三橋の成長っぷりにファンはたくましくなったなぁと目を細めることだと思います。阿部くんの悔しさ、田島くんが初めて見せる弱気。そんな中、仲間を信じられるまでに成長していった三橋くんが頼もしく見える。

そして、見逃せないのは28ページの栄口くんのバント!!!

ボクのイチオシなんだけど、栄口くんは本当に玄人だね。あの絶妙なバントはモモカンならずとも身震いしちゃうと思います。

さて、そんな『 おおきく振りかぶって 』ですが、来春にまたまたアニメになるようです。2ndシーズンってことで、どこまでの話をするのかはわかりませんけど、いまやっている美丞大狭山戦は間違いなく放送してくれるに違いありません。

来春が楽しみですね。

『鋼の錬金術師 24』荒川弘

鋼の錬金術師 24 (ガンガンコミックス)
475752742X


そりゃそうとう、「鋼の‥‥」良いところで終わりやがって!!

と、そんな本心がちょっぴり怒りに変わっちゃうほど面白かったのが『 鋼の錬金術師 』の 24巻 です。なんだかんだの最終章がいよいよ盛り上がってきてるんだけど、どこまで盛り上がるんだ的に面白さが増大しています。

グリードら対ラース ( ブラッドレイ ) も、ホーエンハイムの戦いも読み応えのある緊迫したものでした。にしても、ホムンクルス強いんですけどー(笑)

次巻は4月だけど、待ち遠しぞ。

『ONE PIECE (56)』尾田栄一郎

ONE PIECE 巻56 (ジャンプコミックス)
4088747615


ヒーハー!

ワンピースの最新刊となる 56巻 が発売になりました。待ち遠しい3ヶ月でしたが、待ったかいのあるとても面白い内容です。

第551話「四皇“白ひげ”」で語られる衝撃の事実は、ルフィの兄であるエースの名前がモンキーではなくポートガスなのかがわかり、そしてそれがとても衝撃的であった。ワンピースという物語の中盤の大一番というこの盛り上がりを見せつつ次巻ヘと続く‥‥

ぎゃー!!

また、ボン・クレーの友達を思う熱い気持ちや、不気味に何かしらの企みを持って行動する“黒ひげ”ティーチ。いろいろな思いが渦巻く 56巻 も、まさに怒涛!! ワンピースって面白すぎっ!!

待望の 57巻 は、3月4日 の発売です。

ONE PIECE the LOG、重版決定!

ワンピースの総集編 ONE PIECE The LOG の重版が決定したようです。12月1日に発売予定の 1st LOG から 5th LOG までの5巻を予定しているようです。ワンピースのチョッパー編までの熱い戦いを再読されては如何でしょうか?

12月1日 THE 1st LOG
12月15日 THE 2nd LOG “SANJI”
12月26日 THE 3rd LOG “NAMI”
1月12日 THE 4th LOG “GRAND LINE”
1月26日 THE 5th LOG “CHOPPER”

個人的には THE 5th LOG “CHOPPER” が一番好きな話となります。Dr.ヒルルクが語る言葉に打たれるものがありましたからね。

映画ワンピースで描き下ろしコミックを配布!

12月12日に公開予定の劇場アニメ『 ワンピース フィルム ストロングワールド 』で、入場者に先着で、20年前のワンピースの世界を描き下ろしたコミックス0巻『 ワンピース 巻零 』をプレゼントするそうです。

これはどうあっても欲しいんで、絶対に見に行くしかなさそうです!!

ONE PIECE

『ONE PIECE (55)』尾田栄一郎

ONE PIECE 巻55 (ジャンプコミックス)
4088747275


待望のワンピースの最新刊ですが‥‥ 面白いです(笑)

54巻に引き続いてインペルダウン編なんですが、慌ただしいくらいの展開で息もつかせぬとはこんな感じでしょうか? バロックワークスのメンツがよくまぁ揃ったもんだと思いますが、個人的にはクロコダイルにしびれました(^^

ただね、マゼランとルフィの戦いとかを含めて思うことがある。

ここんところのルフィは気持ち良く勝ってないなぁっていことなんです。シャボンティ諸島でも、インペルダウンでも、壁を越えてないっていうか、あっさり負けちゃってますもんね。

今回も極限の状態で覇気を使ってますけど、まったく使いこなせていないっていう感じですしね。ルフィの成長も、そろそろ見たいもんだと思いますが、それはちょっと先になりそうですね。

『鋼の錬金術師 23』荒川弘

鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス)
4757526024


『 鋼の錬金術師 』の 23巻 です。ここのところの勢いのある展開はホントに面白いんですが、この 23巻 も勢いそのままに、しかし、割くべきところはしっかりと割いて物語に深みが増しています。

この巻での最大のポイントは、マスタング対エンヴィー。

いつも冷静であり周りを見通せるほどの大人なマスタングがエンヴィーに見せた感情は、彼の持つイメージに一番似つかわしくないものだったけれども、でも、逆に親近感がわいたし、ホークアイの揺るがない信頼や信念も感動ものでしたね。

また、エドやスカーらも対立するものが、それぞれの思いを持ちつつも、ひとつの目的に向かって動き出したときにできてきた連帯感はさわやかですらある。エンヴィーが嫉妬してしまうのもわかるな。

次巻は、さらに面白くなりそうです。

『ONE PIECE総集編 14TH LOG “FRANKY”』

ONE PIECE総集編 THE 14TH LOG “FRANKY”
4081110123


漫画ワンピースの総集編『 ONE PIECE総集編 THE 14TH LOG ”FRANKY” 』です。4号に渡って刊行されるウォーターセブン編、エニエス・ロビー編の総集編の4号目にして感動のフィナーレです。

フランキーには悪いけれど、今号はサブタイトルが “MERRY” にして欲しかったという感じなのです。

「 だけど ぼくは 幸せだった 」

この台詞にどれだけのひとがないたんでしょう。数あるワンピースのエピソードのなかでも、この台詞は3本の指に入るものだと思っています。

もちろん、今号はフランキーの見せ場もたっぷりあります。でも、フランキーには悪いけれど、最高の見せ場はそげキングの狙撃のシーンでしょうね(^^

さて、次号となる 15th LOG の発売日は未定です。尾田栄一郎がコミックスの54巻で語った読者への思いを考えるながら、来年か再来年までには 15th LOG が発売されることと思います。

それまで楽しみに待ってましょう!

追記

15th LOG が 2011年2月 に発刊となるそうです!! 速報はコチラ

『PLUTO(8)』浦沢直樹

PLUTO 8 (ビッグコミックス)
浦沢 直樹
4091825249


手塚治虫の鉄腕アトムの「 地球最大のロボット 」を浦沢直樹がリイマジネーションシタ『 PLUTO 』の最終巻は一気に謎が‥‥ というか、物語が終局へと向かっていきます。

憎しみからは何も生まれない

強いメッセージ性のある展開で、全部読み終わって面白くてグダグダ感もほとんどないのでよかったなぁって感じです。でも、もう少し巻数を短くできたかもって感じはしたけどね。

『ONE PIECE総集編 13TH LOG “NICO ROBIN”』

ONE PIECE総集編 THE 13TH LOG ”NIC ROBIN”
尾田 栄一郎
4081110115


漫画ワンピースの総集編『 ONE PIECE総集編 THE 13TH LOG ”NICO ROBIN” 』です。4号に渡って刊行されるウォーターセブン編、エニエス・ロビー編の総集編の3号目です。

「生ぎたい!」

ニコ・ロビンが魂から叫ぶ言葉にこの 13th LOG は集約されるでしょうね。

ニコ・ロビンの覚悟を知ったルフィたちは奪われた仲間を救出するために司法の島エニエス・ロビーへと向かう。そこまで待ち受ける厳しい戦いと、そして深く闇に閉ざされたロビンの過去を知る‥‥

今号の見所のひとつに、ルフィ vs ブルーノの戦いがある。そこでルフィが見せた戦法「 ギア・2 ( セカンド ) 」。超カッコイイです!!

次号 14th LOG “FRANKY” は 8月1日 発売です。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 19 ソロモン編・前』安彦良和

機動戦士ガンダム THE ORIGIN (19) ソロモン編・前 (角川コミックス・エース 80-22)
安彦 良和
4047152609


ついに一年戦争も終盤戦となってきました。

ソロモンということで否応なしに緊張も高まってきますが、物語はひとつひとつ丁寧に進められていきます。また、ドズルが見せる家族愛も、戦争というステージがあってこそ際だつのかもしれませんが、無情さもまた際だってしまうのが戦争なんだという感じを受ける1冊かもしれません。

安彦版ガンダムは面白いな。

『おおきく振りかぶって(12)』ひぐちアサ

おおきく振りかぶって Vol.12 (アフタヌーンKC)
ひぐち アサ
4063145700


新刊は久しぶりの『 おおきく振りかぶって 』ですが、この巻は試合のなかではとくに大きな見せ場はないかもしれない。

だけど、心が折れそうになりながら踏ん張る阿部くん。花井くんを引っ張る田島くん。それに応える花井くん。水谷くんや泉くん、それぞれがそれぞれの役割をきちんと考え、少しずつ成長する西浦ナイン。頼もしいな。

試合は美丞大狭山に研究されて、相当ピンチです。続きは読みたいところですが、13巻の発売は当分先なんだろうなぁ‥‥(^^;;;

『BASTARD(26)』萩原一至

BASTARD!! 26 (ジャンプコミックス)
萩原 一至
4088746724


はい『 BASTARD!! 』の最新刊です。

ついにウリエルとの決着がつきました。いい加減うんざりとかっていうよりも、すでにもうよくわからん状態が続いていたので、ホッとした感じですかね。今回、本編は120ページほどで、残りは過去作品の読み切りとなっています。えーっと、なんだか肩すかし感があります(^^;;;

さて、この背徳の掟編が終わったし、切りもいいので個人的にはここで切り上げます。

『ONE PIECE (54)』尾田栄一郎

ONE PIECE 54 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
4088746627


前巻に引き続きボア・ハンコックにメロメロなんですが、そんなことよりも、ついにインペルダウン編に突入してしまいました。面白いわ、懐かしいわ、ハラハラするわ、ドキドキするわで、たまらんですな(笑)

さて、この 54巻 は漫画そのものの内容もさることながら、SBS に書いてある尾田栄一郎のプロ意識がぶれてなくて、なんかすげえって思いました。

( ルフィは、 ) 読者に対して常にストレートな男である為に「考えるくらいなら口に出す」または、「行動に移す」という事を徹底しております。


ルフィの心理描写がないという読者の質問に対する答えがコレなんですが、54巻も続くような長い長いシリーズだと、もっとぶれても良さそうなのに、こういうところを徹底している尾田栄一郎はすごいなぁ、と思う。